2007年07月24日

いつも帰るべき音

(この記事にあるCradle Songの演奏ファイルは、
左側のカラムの一番上に置いています)



**


出かける予定がなかったから。僕は久しぶりにアコギを手にとった。
日曜の午後。
家族は買い物に出かけていたから。
最近のブログは音も公開できることを思い立ったから。
僕は、パソコンの録音ボタンを押して静かに弾き始める。

ボロン ボン ボン ボーン・・

遅いリズム。
「性的な魅力のない音楽だなぁ」
失礼ながら、そんなことを思う。
岡崎倫典の"Cradle Song"。「子守歌」、という意味だろう。

録音していると思うと、単純なところでも間違えてしまう。
録音ボタンとストップボタンをカチカチとクリックする。


ボロン ポン ポン ボーン・・

もったりとした曲、なのだろう。たぶん。
ダサイ、のかも知れない。
でも僕は、数あるリンテン氏のギター曲の中で、この曲が一番好きだ。
多分それは、父親になったから。


やわらかいメロディをつむぎながら、僕は
いつもあるべき心の状態に戻っていく。
そして、またも気付く。

「このメロディは、子どもが寝ている状態で
その寝ている子どもに聴かせる曲なんだなぁ」

寝ている我が子に、語りかける、ということ。

情報伝達のためでなく
自慢するためでもなく
気を引くためでもなく。

ただ、寝ている我が子に語りかけるということ。
なんと不思議なこと。


何度も間違えてはやり直すうち、
僕のMACBOOKが、「時間切れ」とでも言うように
冷却ファンの大きな音を立て始める。
その音がしっかり録音されていく。

・・まあいいや。



そういえば、こんなことがあった。

娘がまだ小1のころ。

日曜日、この曲を弾く僕のそばに娘がいた。

よく晴れた午後。
娘は何やら手作業をしている。

遠くで子どもが遊ぶ声。
そして、僕のギターの音。
いつものように僕は、弾いているうちにちょっと切ない父親の気持ちになる。
娘は手作業を続けている。
黙って、集中して続けている。

『耳に入ってないのかな・・』

最後の音が減衰していく。
音が無くなってしまうのを待って、僕はギターをコトリと置き、娘をみた。
そして

「分かったかっ」

と、冗談めかして言った。

「うん」

娘は、一瞬僕の顔をみてうなづき、また何やら分からない手作業に戻ったのだった。
びっくりしてポカンとした僕の顔を取り残して。










ネコネンネ







ラベル:ギターの練習
posted by 白井麒麟 at 00:12| 東京 ☔| Comment(2) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

ねこぶくろ



ねこぶくろ一丁目のバス停に到着する。

仕事でもよく来る街なのに、こんなバス停があるとは知らなかった。








ねこぶくろ


ネコアップ





ネコのおじさんの運転するバス。
タラップを降りるとそこはネコの国だった。
僕と同じ人間の観光客がたくさん訪れている。

この国のルール。
フラッシュを激しくたかないこと。
入国の際六百円払うこと(笑)。
あとは、抱っこしようが撫でまわそうが自由。







ねこぶくろロング






王国の中央に鎮座する白いネコ。
キミは王子様かい。

僕のカメラがフォーカスの光を放つ。
そのたびまぶしそうに目を細めるくせに
ちっともその場所を離れようとせず。




ネコの目





深い蒼に澄んだ目は
何もかも知り尽くしたように落ち着いていて。




『王子様、申し上げます・・』




ちょっといたずらしたくなる。




この国の外の話です。
野生のネコは、東京をかけずり回って
残飯などを食しながら生きています。
彼らの肉球はアスファルトによってカチカチになりました。
彼らの一生は、残飯を探すことに費やされているといっても
過言ではありませんーー




・・




『・・関係、ニャい』



・・




・・(笑)




ネコが治めるネコの国。
その名は「ねこぶくろ」。








レース2













ラベル:ネコ
posted by 白井麒麟 at 12:07| 東京 ☔| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

台風一過





ウチの娘。
なんと出無精なことだろう。
やっと晴れたので出かけようといっても
眉間にしわを寄せる。

「ステーキ食べに行こう」

ちょっと思い切ったこの言葉で、やっとパジャマを着替え始める。


内房




初めて行く街。
初めて行く店。
約束通りステーキを注文(ネットでメニュー確認済み)。
出てくるまでの間、マンガを読んでいる。
表紙を見ると、「地獄少女」と書いてある。


テーブル一杯に広がった料理が落ち着いたころ、切り出してみる。


「近くの美術館でシャガール展ってのやってんだけど」
「観たい観たいっ。あたし絵とかメチャ興味あるっ」


こんなに食いつくとは。
おいしいものは、本当に人の気分を変えるから不思議だ。



シャガールちらし


陰鬱。幻想。抽象。
『小学五年には、ちょっと早いのかな・・』
そう思いながら、一人前に背だけはすっと伸びた背中をチラチラと見つめる。
鑑賞後、帰ろうとすると
「ちょっと待って」と。
気に入った絵の絵はがきを、こづかいで買っていた。


出不精なはずの、ウチの娘。
駅までのモノレールに乗りこみ、一息つくと、高らかに宣言。

「でもあたし、クリスチャン・ラッセンの方が好き」

・・。
まあいいや。




台風が来て
地震まであった
三連休が終わる。




夏空






そして、夏
って感じ。




ラベル:休日 夏空
posted by 白井麒麟 at 23:29| 東京 ☁| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんで働くの


Scene1


じゃ、逆になんで働くの?

いや、聞いてみただけ。
急に不思議に思えて。

(メールの送信を終える)


Scene2


赤ちゃんポストってあるじゃん。
ああいうの許せないよね。自分で産んだ子くらいちゃんと育てろっつーの。
あたし? あたしは子どもなんて作らないよ。
てか、欲しいと思わないもん。変な話、育てる自信ないし。

(コーヒーをすする)

途中でムリムリってなっても、後戻りきかないじゃん。
だったら最初からしない・・かな。


Scene3

「消費者2.0」と呼ばれるたちは、おしきせの情報を重視しません。
生活パートナーであるつれあいとともに、自ら多角的に情報を集め、
常に賢い選択をしていく力を持っています。
そこで、より個人にカスタマイズされた情報をその時々に応じて・・

(レーザーポインターで輪を描く)



Scene4

焼きたてのせんべい、おいしいよ。
はい、ふたつね。

(せんべいをビニール袋に入れながら)

紫陽花どうでした? 今が一番いいですよ。
少し雨降ったからね。今年は色もいいですよ。

はい、お待たせ。
ありがとうございました!



せんべい屋さん.jpg




ラベル:仕事 頑張る
posted by 白井麒麟 at 04:16| 東京 ☀| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

ネオンテトラ



「わたしが世話をするから。お願い!」


娘のわがままで我が家にやってきたネオンテトラ。
一年くらい前に、約十匹。


水槽の中で青い光りながら泳ぐ小さなその姿は、確かにときどき「いいなぁ」と思う。
そのかわり、狭いマンションには、ずっと水槽に水を循環させる音が響いている。


えさやり、水の入れ替え、水槽の掃除・・
最初の宣言にもかかわらず、娘はそのほとんどをお母さんにさせている。
「もう捨ててしまうよっ」
お母さんにそう言われて初めてシブシブ手伝ったりする始末。
ものぐさな僕に似たのを僕は喜ぶべきではない・・のだろうな。


ネオンテトラたちは、ただ泳ぐ。
すーっと泳ぐ。
音も立てず、毎日。
四角い水槽の中を。


今朝、そのうちの一匹がおかしな動きをしていた。
身体の一部がふくれて、縦になって泳いでいる。
病気にかかってしまったのだろう。


その姿を眺めながら、僕は思う。
この一年、僕はネオンテトラたちを気にかけたことはほとんどなかった。
気にかけないうちに、目の前にいて
気にかけないうちに、消えていく小さな命。


「これでいいのかな・・」


分かってるよ。
「これでいいんだよ」って
僕が自分に言ってしまえば、「解決」。
なんだよね。


ぶらんこ





posted by 白井麒麟 at 13:03| 東京 ☔| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

ええねん



ええねん。
ウルフルズ。


僕のiBOOKから流れていたその歌を、三歳の息子は気に入ったようだ。


布団にちょこんと座り口ずさんでいる。
ひざでてんてんと叩いてリズムをとりながら。
声はかなり小さい。
しかも‥



     ♪ おかしたべてもええねん

      おちゃのんでもええねん‥





でたらめな歌詞




     ♪おちやいっぱいのんでもええねん

      おちゃばっかりのんでもええねん

      でんしゃのってもええねん

      でんしゃかってもええねん‥





子どもの、子どもなりの主張にも聞こえたりして。

僕はその歌詞も、とても気に入った。



階段






posted by 白井麒麟 at 22:23| 東京 ☔| Comment(3) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

ベッドタウンの夕暮れは






ベッドタウンの夕暮れは
ただ暇つぶしの散歩道










ベッドタウンの夕暮れ1












ベッドタウンの夕暮れは
昨日の雑踏、消えぬまま









ベッドタウンの夕暮れ2









明日の電車の蒸し暑さ
来るもののサイズ推し量り











ベッドタウンの夕暮れ3










ベッドタウンの夕暮れは
腰のすわらぬ
夢の世界






ラベル:夕暮れ 写真
posted by 白井麒麟 at 01:06| 東京 ☀| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

日曜の公園 18時10分


サザエさんの時間ではあるけれど
公園を一人散歩してみる。






青いアジサイ








光が和らいでいるから
シャープさにかける感じがいい。そんな写真もいい。










あれこれ散策していると
あしもとに何かある







がんばれ








「これって・・補助輪?」




ふっ・・と。
心がゆるむ音がする。






ニュースやドラマは
印象が強すぎて




こんな小さなことが
なんだかうれしい。







おっ







posted by 白井麒麟 at 02:24| 東京 ☀| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

再開発の街






東京・汐留という街に通って一年あまり。

夕暮れ時。高層ビル群のエレベーターが光りを放ちながらすべり
新交通システムの銀の車両がビルをぬって走る。
銀河鉄道999に描かれた「メトロポリス」を思い出す。


「まだ五年くらいの街だよね。ここの高層ビル群が出来てから
銀座に海風が届かなくなった。夏は暑くなったよ〜」
最初に案内された時、そう聞いた。


オフィス、綺麗なOL、ビッフェ、スイーツ、そして活気・・
絵に書いたような都市。そんなイメージ。


**


おととい、三カ月間有効だった通勤定期がきれた。
三カ月。決まり切った時間に決まり切ったコース。
毎日乗り合わす同じ顔。

『東京へのルートは、何も一つじゃないんだよな』

昨日の朝、僕は、JRより少し遠い私鉄の駅に歩いた。

高架上の線路をビュンビュン飛ばすJRの快速とは違う、
その私鉄のスタート。とろり、とろり。

下町に入る。
古い民家の軒下に、洗濯物が見える。
アジサイが見える。
ああ、あんなところに菖蒲園がある・・。

・・あれは?

一瞬なにか分からなかったその一角は、お墓だった。
家々の間に、ごく普通のお墓があったのだ。
○○家と書いたいくつかの墓石、戒名を墨で書いた板も見える。
小さなスペースだった。田舎街でよく見る墓だった。
それだけのことなのに・・
その後車窓を流れていった景色を僕は覚えていない。


そして、僕は汐留に向かう。

この街にはないんだーー
子ども。
年寄り。
墓。

生・老・病・死

目の前のビル群が、一瞬まぼろしのように見えて
僕は首をぶるぶると振った。
歩くスピードが落ちた僕の横を、
イケメンサラリーマンがすり抜けていった。

境内





ラベル:汐留 つぶやき
posted by 白井麒麟 at 12:37| 東京 🌁| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

七夕と願い事



七月七日が近づき、家に笹の葉が舞い込んだ。


短冊サイン会




上の子は少女マンガに夢中。
漫画家をいっちょ前に「先生」と呼んだりして
サイン会(抽選)に行きたい! というのが今年の彼女の願いだ。
応募のはがきに、懸命にマンガを描いていたりして
子どもなりのアピールが面白い。




短冊新幹線




まだ字の書けない下の子は、
ママに代筆してもらう。
「しんかんせんにのりたい」・・らしい。



では、(大人である)自分の願い事って一体なんだろう。



「海外旅行に行きたい」
とか言っても「そう思うなら頑張ってお金ためなきゃね」ってことになる。
つまり、願い事は、自分の力ではどうしようもないことに限るような気がして・・。
(その意味では、子どもの願い事は大体正しい?)
そうなると、大人は難しい。



2005年度版 七夕 願い事ランキング 速報
第1位 「仕事が見つかりますように」     37万7930件

第2位 「恋人ができますように」       29万1192件

第3位 「株価が上がりますように」      22万689件

第4位 「今年もニートを続けられますように」 18万3290件

第5位 「ブログのアクセス数が増えますように」12万190件

(オレコン調べ)

だそうだ。


明かに回答している人たちの年齢層が僕よりも若い。
同世代の”神頼み”というのはどんなものなのだろう。


そもそも、七夕ってなに? みたいなことまで考えはじめ。
WIKIで調べてみると七夕祭りはどうも江戸時代に始まったらしい。


「本来、宮中行事であったが、織姫が織物などの女子の手習い事などに長けていたため、江戸時代に手習い事の願掛けとして一般庶民にも広がった」


つまり、手芸・手習いごとの上達を願うのが、行事の趣旨とのこと。


よし、決まった。


「ギターが上達しますように」

・・それなら練習しなきゃね。

あぁ、やっぱり分からねぇ。



リュック





posted by 白井麒麟 at 01:05| 東京 ☔| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

レースのカーテン




白いレースのカーテンは

光をはらんだ

不思議なフィルター



カーテン越しに世界を見ると



日差しは輝き


風はやわらかく


雨は優しく


雪は暖かい




白いレースのカーテンは

頼りがいのある僕の友だち




知ってるよ。

そんなのホントじゃない





でもまぁ今日は

いいじゃない




明日から

また扉を開けることだし




窓1




posted by 白井麒麟 at 00:18| 東京 🌁| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

おばけ2




おばけが怖かった時代だが、そんな僕を震え上がらせたのが
一枚のレコードだ。


僕の家には、増築された洋間があった。
そこには、ソファとテーブルの応接セット
シャンデリア
クラシックのLPがたくさん入ったレコード棚
世界の文学全集のようなものと
そしてひときわ目を引くお父さん自作のどでかいスピーカーがあった。

「ペルシャ」という言葉を連想させる模様の壁紙。
畳に慣れていた僕は、その部屋が何となく近づきにくかった。

お父さんは、よくその部屋にこもってクラシックを聴いていた。
ベートーベンの7番が好きだとか何とか。
いつも音楽は相当大きな音だったのだが、
「2重のガラス窓にしているから大丈夫」とのこと。

そして、お父さんは時々いたずらをした。

「おい。この曲を聴いてみるか」

姉と僕を部屋に呼んだお父さんがレコード盤に針を落とした。
おどろおどろしい演奏が始まる。イントロに続いて歌が始まる。
英語の歌詞のようだ。

「これはシューベルトの魔王といってな・・」

説明によると、この曲は物語になっていて、
ある夜、男の子が高熱を出す。
外は雨。
父親は息子を馬に乗せて、遠くの病院に急ぐ。
その馬を悪魔が追いかける。男の子にしか悪魔は見えない。
悪魔は男の子に「こっちにおいで」と甘い言葉をささやきかける。
男の子は必死で父親に助けを求めるが、父親は相手にせず、
馬の操縦に専念している。

「ほら、My father! My father! と歌ってるだろ。父親を必死に呼んでる場面だよ」

お父さんは面白そうな顔でのぞき込むのだが、
その壮烈な歌声に僕はショックを受けて、怖くて反応できない。
見ると姉も同じ状態のようで、正座した足の上に拳を固く握っている。

そして、病院に着いた時には、男の子の魂は抜かれていた、
というところで歌はあっけなく終わった。
(子どものころの記憶を頼りに書いているので、
物語が本当かどうかは定かではない)



「・・もう一回聴くか」

お父さんは、返事を待たずにレコード針の位置をもう一度最初に戻すと
部屋を出て行ってしまった。

僕と姉は、もう二度と聴きたくない曲を聴くはめになった。
でも、怖くて怖くて、曲の途中でどちらからともなく悲鳴を上げて
部屋を飛び出した。

飛び出す時に、姉がシャンデリアのスイッチをOFFにした。
真っ暗な部屋に魔王の歌が鳴り響いている。
僕は、やはり二重になっている扉を、バタン、バタンと閉めて
音を封印した。

ところが、相手はレコードだ。ほおって置いて止まるものではない。
曲が終わったころに、僕はどうしようという目を姉に向けた。

「あんたが止めてきなさいよ」

残酷なことを言う。部屋を真っ暗にしたのは自分なのに!
勇気をふりしぼり、僕は二つの扉を開けた。

ポツッ ポツッ・・

暗闇のスピーカーが、レコード針が空回りする音を響かせている。

「My father! My father!」

壮烈な歌声がよみがえってくる。

「お父さん、止めて」

僕は泣きそうな声を出しながら、廊下をバタドタと、父の部屋に走っていった。


ラベル:魔王 幼少期 恐怖
posted by 白井麒麟 at 01:03| 東京 ☀| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。