2007年07月14日

ネオンテトラ



「わたしが世話をするから。お願い!」


娘のわがままで我が家にやってきたネオンテトラ。
一年くらい前に、約十匹。


水槽の中で青い光りながら泳ぐ小さなその姿は、確かにときどき「いいなぁ」と思う。
そのかわり、狭いマンションには、ずっと水槽に水を循環させる音が響いている。


えさやり、水の入れ替え、水槽の掃除・・
最初の宣言にもかかわらず、娘はそのほとんどをお母さんにさせている。
「もう捨ててしまうよっ」
お母さんにそう言われて初めてシブシブ手伝ったりする始末。
ものぐさな僕に似たのを僕は喜ぶべきではない・・のだろうな。


ネオンテトラたちは、ただ泳ぐ。
すーっと泳ぐ。
音も立てず、毎日。
四角い水槽の中を。


今朝、そのうちの一匹がおかしな動きをしていた。
身体の一部がふくれて、縦になって泳いでいる。
病気にかかってしまったのだろう。


その姿を眺めながら、僕は思う。
この一年、僕はネオンテトラたちを気にかけたことはほとんどなかった。
気にかけないうちに、目の前にいて
気にかけないうちに、消えていく小さな命。


「これでいいのかな・・」


分かってるよ。
「これでいいんだよ」って
僕が自分に言ってしまえば、「解決」。
なんだよね。


ぶらんこ





posted by 白井麒麟 at 13:03| 東京 ☔| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。