2007年09月30日

出張二日目の空っぽの時間


午前十時。
ホテルをチェックアウトしてリュックを背負い直す。
あてどもなく歩き出す。

横断歩道。
「ビー・ビービー・ビービビ・ビー」という、通りゃんせのメロディとともに
「天神」という交差点の表示が目に入る。
そのメロディが、しばらく歌詞付きで頭の中でリピートする。
「・・ここはどこの細道じゃ〜 天神様の・・」
!!
そうか。ここは博多天神だから「通りゃんせ」だったのか・・


得意先との親睦旅行は、去年同様、福岡になった。
そして、去年同様、二日目はひとりで過ごすことになった。
僕はゴルフをしない。



博多路地




「去年と違う道を歩こう」

ふらふらと路地を曲がると、妙な女の子が立っている。
赤いブラウス、黒いビスチェ、紫がかった髪、ピンクのバックを斜めがけ、
そして、太った身体・・
その娘が歩き出した方向と僕のそれが一緒だったので、僕はしばらくその娘の後ろをついていく格好になる。

「このままちょっとついていってみよう・・」

視点同一化。いわゆるイタコ術。
白いふわふわのスリッパをペタペタいわせながら、悠然と歩く。
すれ違うカップル、おばさん・・みな困惑したような視線。
それが四方八方から突き刺さってくる感じ。
それをものともせず、黙々と歩いていく。
コンビニの前を通過する時。
座り込んだチンピラ風の男、数人、にやけ顔。

「もえ〜っ!」

娘は三歩進んだところで振り返る。

「バカじゃなかとっ?!」

すぐに前に向き直り、何もなかったように歩き出す。
彼女から見た世界はとてもスリリングだ。




彼女からスピリットを取り戻して、歩く。
ケータイで写真でも撮ろうと思うのだが、撮りたい絵が見つからない。

「昨日、あれを撮っておけばよかったなぁ」

昨夜遅く、「焼きラーメン」を食べた。
舗道に並んだ屋台、裸電球の列、ラーメンと赤い字で書いた白い暖簾、
「お客さん、座って食べて。立って食べられると警察に怒られちゃうから」
という店のおじいさんの声・・。

あれが、今回の僕にとっての福岡だったんだ、と。
大切なものは過ぎてしまってから気付くという、恒例の失敗をまたも繰り返したわけで。



秋ですね




僕は、昨日という一日の中に、何か忘れ物をしている。

それが何だか思い出せない。

またも聞こえて来た「通りゃんせ」。
何度も聞くには、このメロディは少し陰鬱だ。
僕は歩くのにちょっと疲れたというのを理由に、ガストに入る。
せっかくの福岡で、ガスト。
最悪の選択にちょっと照れながら、昨日のことをノートに書き始める。





続きを読む
posted by 白井麒麟 at 14:18| 東京 ☔| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。