2007年11月30日

保育ノート






「すぐに慣れるよ!」
「ナーくんならきっと大丈夫!!」


息子の保育ノートにそう書いてある。

息子の大好きなユキノ先生の字。
その字をぼんやり見ながら、僕は
『本当にお別れなんだなぁ・・』
そう思った。



子どもの転園が決まった。


今通っている保育園は無認可で、三歳児までしか通えない。
「十二月からどうぞ」と、新しい保育園から連絡があったのは、
先週金曜日のこと。
とても急な話。
来年春からでいいのに・・



**



去年の九月。
妻と息子と初めて訪れた保育園。

昭和三十年代建築の古民家をそのまま使用。

チリチリパーマに巨乳、怖いもの知らずの園長。

雨の朝、僕の頭を濡らした屋根の雨漏り。

母も知らないような家庭料理を作る、若い栄養士。

赤字経営。

年二回の公園でのバザー。
しつこく食い下がる丸めがねのおばさんとの値段のかけ引き。


先生の(ちょっとキモい)
コスプレ大会みたいになってしまう、クリスマス会。


男親で集まって仕上げた屋根の修繕。


「まあいいや。このまま行こう」

走行中の自転車のパンクに気付いた園長の言葉。
それを聞いて、「まるでこの人の生き方そのものだなぁ」
と思ったこと。


通園の道。

毎朝の、息子との会話。

ガラガラという引き戸。


「いってらっしゃい」。


なんか。やっぱり、好きだった。



**



息子のことを心配してたつもりが・・。
ばか親一丁出来上がり的な状態に照れながら
ユキノ先生の保育ノート。
続きに目を落とす。





   今日は実習の女学生がたくさん来ていました。

   ナーくんが私に

   『あのおねえさん、ミスド好きかなぁ・・』

   と聞いてきました。

   ナンパする気かぁ?!






・・。





やっぱり息子は心配ないようだ。


気分は台無しだが、何よりだ。






タイヤで.jpg







posted by 白井麒麟 at 00:08| 東京 ☁| Comment(5) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。