2008年01月15日

ナーの就職






「ボクも、おしごと、がんばるんだっ!」





薄暗い施設の中で、僕は息子の意外な食いつき方に驚いて
カメラのファインダーから目を離す。





上の娘と、その友達のために訪れたキッザニア。
三歳のボクちゃんにはまだ早いと思っていたのだけど…?



「そっか…」



といって席を立つ。
印刷所やデパートなど、
ミニチュア化した社会の中で見知らぬ子どもたちが
テキパキと働いている。
それぞれに有名企業の看板が出ていて…



サービスを提供するのも、受けるのも子ども自身、と
いうキッザニアのコンセプトを改めて思い出す。




「ナーくん、どれやってみたい?」




と話しかけようとした矢先。




「ボク、やってみる?」



薄緑の作業服を着た若い女性が不意に問いかけると、
息子は『ペコリ』と即座にうなづく。就職内定!

はやっ。

ユニフォームとヘルメットを小さな身体に着けて
即席作業員の出来上がり。




僕は、息子の背中に貼りついた会社名を見つめながら





「そっか…。ナーは○成建設に就職したか…」




急に息子が離れていくようで
予定外の寂しさを感じてしまったり。



そして・・・



息子はこのあと、一緒に入社?したお友達と
マンションを建設し…



通りすがりに消防士になって、
火災現場に出動…



お腹がすいたころにド○クのパン屋さんになって
クロワッサンを作る。




うー…




『息子よ、

仕事ってそんなにいいものでしょうか…

仕事ってそんなにいいものでしょうか…』


(新美南吉『手袋を買ひに』風に)
(笑)




キッザニア

土日は半年先まで予約で埋まっている
キッザニア東京(豊洲)




勇敢な消防士

勇敢な消防士たち
(放水直前です)




パン屋

クロワッサン作りのレクチャーに
熱心に耳を・・って、聞いてねー(*_*)







posted by 白井麒麟 at 22:49| 東京 ☀| Comment(2) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真は残る





balloon








        子どもたちは、遊園地が大好きだ。


        それは・・







光の乗り物








        そう。

        子どもの目が

        僕たち大人と同じように

        世界を見ていると

        思っちゃいけないんだよな・・








回る世界






posted by 白井麒麟 at 00:32| 東京 ☁| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。