2008年01月23日

「博士の愛した数式」を読んで




「博士の愛した数式」 小川洋子著



すごい本だった。
感想文を書こうと思ったのだけど、それはとても難しい。
この本を適切に評価する力がない。
ぜひ本を読んでほしい。


それが分かった上で。


今まで僕が読んだ本とは、まったく違う場所にこの本はある。
ジャンルやあらすじの雰囲気でひとくくりにすることは出来ない。
何にも似ていない新しい小説に出会った、
そんな感じを多くの人が受けるのではないだろうか。

記憶に障害のある初老の数学者、家政婦とその息子。
その三人が数学で心を通わせながら、静かな時間を過ごす。
そんな舞台が、形容しがたいほどの美しさや、
尊敬にあふれた結びつきにつながっていく・・。

それを可能にしているのは、全編を通じて横たわる
「人類が有史以来、数の海の中をさまよい、編み出した様々な数式は、
何者にも否定されない絶対の真理、宇宙の法則」
という事実と、その事実に対する深い敬意だ。

実際、文中に登場する数式は、今も、僕が高校の時にも、
多くは百年以上前にも、時代を透過して存在する。

そしてそれは、古い教科書の記憶と結びつき、
僕は旧友と再会したような気分を味わうし、
またその数式との間合いが予想外に近いことから、
手にしている本が「飛び出す絵本」のように感じる。
博士がテーブルに示した一つの数式を前に、
登場人物とともに、自分もまた着席して向き合っているような、
そんな不思議な感覚に包まれるのだ。


博士はその事実にただ感動しつづけ、真理の探究のみに生きる。
そして、”子ども”という存在に最大の愛情を注ぐ。


テストでも、受験でも、お金をかせぐためでもなく
ただただ、自然科学的な真理に近づいていくことの喜び。
本来、ひとが持っているはずの、純粋な発見の喜び。
作中描かれているのは立場や年齢は違うけれど、
まぎれもなくその喜びを分かち合う人々の姿。
そんな風景がどんなに生の希望や浪漫に満ちていることか。
僕はそんなことは完全に忘れていた気がするのだ。


それにしても、芥川賞作家様に失礼ながら
著者の小川洋子さんは、その時々の感情に
なぜこんなに適切な名前を与えることが出来るのだろう。


なんと、機会があって以前言葉を交わさせていただいたことがある。
とても華奢で小さな方だった。
僕の知る小さな女性は、すごい方が多い。



posted by 白井麒麟 at 01:55| 東京 ☀| Comment(2) | 感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。