2008年02月26日

飴玉





「あっ、全部なくなってる」


テーブルの上には、空っぽになった
イーマのど飴のドーム型の容器が転がっている。
小五の娘は、三歳の弟”ナーくん”をギロリ。


「これあたしのだったのに。あんたでしょ」


ナーは「ボク知らない」とばかりに目をそらす。
うちの娘は食べ物のことにうるさい。
誰に似たのか、そういう子だ。

うーん・・

朝から始まったきょうだい喧嘩の行方を心配しながら
僕はガチャガチャと朝食の洗い物を進める。


娘は
「とっても楽しみにしてたのに。まだ半分しか食べてなかったのに。」
とか
「あんたさっき口の中でゴリゴリ音させてたよね。謝ってよ」
とか言って弟を責める。


ナーはちょっと焦った顔をしながら、それでもまだ
何食わぬ顔で踏ん張っているのだが・・


見かねた僕は
「ナーくん、謝った方がいいよ。食べちゃったんだもんね」
と言ってみるのだが、弟の方も強情だ。
誰に似たのか、そういう子だ。


時計を見ると七時半を示している。娘の登校時間だ。
『もしかしたら逃げ切るのか?』


「あんたでしょ? 早く謝りなさいよ」


娘の怒濤の攻撃を避けるように、弟はこちらに二三歩進むのだが
その先にいる僕が、どうも味方ではなさそうなことに気付いたのか
そこで動かなくなる。
そして・・

「う・・」


口元が次第に下がっていき・・


『あっ、子ども泣きだ!』

と思った瞬間


「うえ〜んっ うえ〜ん!」


目が細くつり上がり、口はゴリラっぽく開いている。
見事なまでの「子ども泣き」だ。
そして次の瞬間、僕と娘は、同時に「あっ!」と声を上げてしまう。

弟の口の中。

半分開いた隙間から
まだ、まん丸いままの、白く大きな飴玉が
お目見えしてしまっているのだった。


「きゃはははっ」


意地の悪い娘は、それをしばらく笑ったあと、
意外にあっさりとランドセルをかついで「行ってくる」。


僕は、まだ子ども泣きを続けている弟を見ながら、
『そう言えば、結局こいつ謝らなかったなぁ』と。
果たして、勝者はどちらだったのか・・
なんてことを思いながら、僕はタオルで手をぬぐい
『やれやれ』と弟を抱き上げたのだった。


それにしても強情なきょうだいだ。
きっと誰かに似たのだろう。






posted by 白井麒麟 at 23:52| 東京 ☁| Comment(2) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。