2008年03月31日

久しぶりに。




一番思っていることが一番分からなくなる。

一番近づきたいものを、一番遠くに置いてしまう。

そんなこと、ありませんか?



そんな野郎になってました。



ちょっと前に時間を戻して

またやってみます。

今日はそんな日です。



http://jp.youtube.com/watch?v=Y7Iac6i5AIY



posted by 白井麒麟 at 01:21| 東京 🌁| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

「春」と題した日記





子どもに誘われるままに公園へ


遊具の方に手を引っ張る、ナーくん

大きな水たまりが一杯なので
猫ちゃんを見に行こう、と誘う。



「あれは桃の花だよ」
「えっ?」



ピンクの花木を指さすと、うんうんとうなづく。




走り出すナーくん。
「速いね」とおだてると
ますます上がるスピード。



黄色い菜の花と
赤い鉄塔。



「ニャ衛門がいなくなって寂しいね」


ポッキーはのんきにひなたぼっこ。


公園のゴミだめのような鉄塔の周りを
ナーは走り回る。
僕は、以前ニャ衛門が寝転がっていた
コンクリートに腰をおろす。



「これすごいでしょ」



拾った木ぎれを差し出してくる。



「ほーんとだ。ちょうどいいね」


少し太いその木ぎれを
えいっえいっと振ってみせると

”戦隊モノ大好き”君は
真似して振り始める。



空を切る音


金網に当たる音


石をたたく音


ビュン、カチン、コツン。



僕の頭の中には
書きかけの脚本と
鞄にしのばせたノートパソコン。


ビュン、カチン、コツン。


ノートパソコンを取りだした僕は
結局、その音を聞きながら
課題はあとまわしにして
この日記を書くことにした。




春







posted by 白井麒麟 at 15:46| 東京 ☀| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

リンテンの手元





長い間借りっぱなしのグアムの本。
返却に立ち寄った図書館にそれは置いてあった。

岡崎倫典氏の「Spiritdance」
ギターの師匠の、最新アルバム。

懐かしいような。新しいような。
いつも思うのだけど
師のギターの音は、まるでオルゴールのような、繊細な音がする。
『こんな音が出せればなぁ・・』


スコアが出版されていないものか・・とたぐるうち、
偶然にも倫典氏のブログを発見。


http://www.834fm.net/blog/heartfulworld/


podcastとyoutube動画が配信されていて・・
何と、動画でリンテン氏の手元を見ることもできる!!
麒麟のお気に入り♪Scandinavia(スカンジナヴィア)の演奏も!



http://www.youtube.com/watch?v=sBpdk1BIa8s



いやぁ。とてもうれしい発見だった。
すごい時代になったものだ。

・・と浮かれていたところ。
そのブログでのリンテン氏のコメント。
「昔よりも技術が発達してコピー
(ギターの音を聴き取ってその通り弾くこと)の環境は整ったけど、
その分、そういう作業からは遠のいていってるのかも・・」


うーん、そうだ。
昔、ヘビメタ少年だったころは耳コピに明け暮れたものだが
今その気力があるかと言われると。

明日あたり、楽器屋でスコアを探してみようかな。






つうきん.jpg






posted by 白井麒麟 at 01:29| 東京 ☀| Comment(2) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。