2007年07月16日

台風一過





ウチの娘。
なんと出無精なことだろう。
やっと晴れたので出かけようといっても
眉間にしわを寄せる。

「ステーキ食べに行こう」

ちょっと思い切ったこの言葉で、やっとパジャマを着替え始める。


内房




初めて行く街。
初めて行く店。
約束通りステーキを注文(ネットでメニュー確認済み)。
出てくるまでの間、マンガを読んでいる。
表紙を見ると、「地獄少女」と書いてある。


テーブル一杯に広がった料理が落ち着いたころ、切り出してみる。


「近くの美術館でシャガール展ってのやってんだけど」
「観たい観たいっ。あたし絵とかメチャ興味あるっ」


こんなに食いつくとは。
おいしいものは、本当に人の気分を変えるから不思議だ。



シャガールちらし


陰鬱。幻想。抽象。
『小学五年には、ちょっと早いのかな・・』
そう思いながら、一人前に背だけはすっと伸びた背中をチラチラと見つめる。
鑑賞後、帰ろうとすると
「ちょっと待って」と。
気に入った絵の絵はがきを、こづかいで買っていた。


出不精なはずの、ウチの娘。
駅までのモノレールに乗りこみ、一息つくと、高らかに宣言。

「でもあたし、クリスチャン・ラッセンの方が好き」

・・。
まあいいや。




台風が来て
地震まであった
三連休が終わる。




夏空






そして、夏
って感じ。




タグ:休日 夏空
posted by 白井麒麟 at 23:29| 東京 ☁| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。