2008年01月31日

太陽があり、風のない日








このところ、雨が降る場所ばかり歩いていた。










朝日 車窓






白いレース

以前から撮ってみたかった場所。
今朝は人影がなかった。
なおいいことに、窓に光があった。













お昼はお弁当にした。

鳩












ビルの窓が反射する公園の、ベンチ。
お弁当を食べ終えて、読みかけの小説。



「ナーオ・・」

まるまると太ったグレーの野良猫が
小さな声で近づいてきて


僕のお弁当がもうないのに気付くと
前足を突っ張りながら
大きな欠伸をした。






猫と赤








posted by 白井麒麟 at 23:48| 東京 ☁| Comment(0) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。