2008年03月03日

リンテンの手元





長い間借りっぱなしのグアムの本。
返却に立ち寄った図書館にそれは置いてあった。

岡崎倫典氏の「Spiritdance」
ギターの師匠の、最新アルバム。

懐かしいような。新しいような。
いつも思うのだけど
師のギターの音は、まるでオルゴールのような、繊細な音がする。
『こんな音が出せればなぁ・・』


スコアが出版されていないものか・・とたぐるうち、
偶然にも倫典氏のブログを発見。


http://www.834fm.net/blog/heartfulworld/


podcastとyoutube動画が配信されていて・・
何と、動画でリンテン氏の手元を見ることもできる!!
麒麟のお気に入り♪Scandinavia(スカンジナヴィア)の演奏も!



http://www.youtube.com/watch?v=sBpdk1BIa8s



いやぁ。とてもうれしい発見だった。
すごい時代になったものだ。

・・と浮かれていたところ。
そのブログでのリンテン氏のコメント。
「昔よりも技術が発達してコピー
(ギターの音を聴き取ってその通り弾くこと)の環境は整ったけど、
その分、そういう作業からは遠のいていってるのかも・・」


うーん、そうだ。
昔、ヘビメタ少年だったころは耳コピに明け暮れたものだが
今その気力があるかと言われると。

明日あたり、楽器屋でスコアを探してみようかな。






つうきん.jpg






posted by 白井麒麟 at 01:29| 東京 ☀| Comment(2) | あしもとの小さな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古本屋さんですごく好きな作者の本を見つけた気分です.。・゜゚

わぁい.。・゜゚
Posted by しの at 2008年07月30日 08:10
しのさん、おはようございます。

見つけた本はどうでしたか?
上達祈願!(^-^)/


Posted by 白井麒麟 at 2008年07月30日 08:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。